入れ歯(義歯)

目立たない入れ歯“ノンクラスプデンチャー”

入れ歯の金具が気になり口を開けて笑えない、しっかり咬み合っていない、少しずつズレが出てきた……。こんなお悩みがある方のなかには「入れ歯だから仕方がない」と考えて、そのまま使い続けてしまっている方もいるのではないでしょうか?
金属を使用していない”ノンクラスプデンチャー”は人から入れ歯だと気づかれにくく、お口の中を傷つける心配もありません。

当院では、比較的安価で目立ちにくく、お口にフィットしやすい入れ歯「ノンクラスプデンチャー」をおすすめしています。

ノンクラスプデンチャーとは

入れ歯を固定するための金属製のバネ(クラスプ)を使用しないタイプの入れ歯です。床部分を薄くつくることができるため軽量で、見た目も自然に仕上がります。ノンクラスプデンチャーには様々な種類がありますが、一般的な保険適用の入れ歯に比べて噛みやすく目立たないため、人気が高いです。

  • メリット
    • 比較的安価に制作できる
    • 金属の部分が見えず、見た目が綺麗
    • ブリッジのように健康な歯を削らずにすむ
    • 金属アレルギーが起こる心配がない
    • 顎の骨が足らずにインプラント修復が困難な方でも対応できる
  • デメリット
    • 厚みが出やすい
    • ケースによっては作製できない
    • 使用する素材によっては、修理が困難になる場合がある

ノンクラスプで作製する金属床入れ歯

当院では、金属床の入れ歯とノンクラスプデンチャーの両方のメリットを生かした入れ歯をご提供しています。一般的なノンクラスプデンチャーの内側に体に優しいチタンやコバルトクロムを入れることで、強度を向上させ無駄なたわみを無くし、厚みも減らしていますから、見た目が美しいだけでなく、快適に使用できます。

  • メリット
    • 従来のノンクラスプデンチャーより安定性と噛み心地がいい
    • 金属を利用することで薄くても強度があり、違和感が少ない
    • 食べ物の温度が伝わりやすく、自然な感覚が味わえる
  • デメリット
    • ノンクラスプデンチャーより柔らかさは劣る
    • 金属を使用している分重くなっている

当院で取扱いのある入れ歯

入れ歯をいつまでも快適に使い続けるためには、まずぴったりお口に合う入れ歯を作ることが重要です。
そして、万が一合わなくなってきた場合は調整や作り替えを行いましょう。
一人ひとりに合った入れ歯の製作や調整を承っていますので、まずはご相談ください。

レジン床義歯(保険適用あり)

歯科用プラスチックで作られた入れ歯です。保険が適用されるため安価で、治療期間も短く修理も簡単にできるというメリットがあります。その反面、見た目や機能は自費の入れ歯に劣ります。

金属床義歯(自由診療)

コバルトクロムのほか、人体に優しい金属素材であるチタンやゴールドなどを使用した金属製の入れ歯です。薄く作ることができるうえに丈夫で熱もしっかり伝えますが、修理が難しく高価です。

インプラントオーバーデンチャー(自由診療)

総入れ歯を2本から4本のインプラントで固定するという方法です。顎の骨に埋めたインプラントでしっかりと固定し、全て歯を失われている場合でも、全歯インプラントにするよりも安価です。なお且つしっかりと咬むことが出来るので、より快適な生活を送っていただくこともできます。