審美治療

白く美しい詰め物・被せ物で歯を修復

以前までは虫歯治療後、削った部分を補うために丈夫な銀歯が欠かせないと考えられていました。しかし、金属製の歯はどうしても見た目が気になります。
目立ってしまう金属の詰め物・被せ物を白く強度も高いセラミックに取り替えることで、自然な美しい口元にすることができます。お口の見た目にお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。

詰め物・被せ物の種類

オールセラミック

審美性
★ ★ ★ ★ ★
耐久性
★ ★ ★ ★ ★

白く丈夫な陶器の一種であり、歯科素材に利用されています。本物の歯に合わせた色に調整できるため、どの歯に詰め物・被せ物があるのかほとんどわからないほど自然な仕上がりになります。さらに、金属製の歯に劣らない強度も併せ持っているため、強い力がかかる奥歯にも使用可能です。

  • メリット
    • 見た目が自然
    • ほとんど変色がない
    • 汚れがつきにくい
    • 金属アレルギーの心配がない
  • デメリット
    • 歯を削る量が多め
    • 咬む力がかかりすぎると欠けることがある

ジルコニア

審美性
★ ★ ★ ★ ☆
耐久性
★ ★ ★ ★ ★

表面に出ている部分だけでなく、内側と外側の両方に人工ダイヤモンドであるジルコニアが使われています。見た目の美しさだけでなく、強度が高いです。また、色の調整が可能で単色かグラデーションを選ぶこともできるため、周りの歯の色に馴染みやすいです。

  • メリット
    • 硬度が高く、割れや欠けなどが起こりにくい
    • 汚れにくいので虫歯や歯周病になりにくい
    • 金属アレルギーの心配がない
    • 外観が比較的自然で、周囲の歯と違和感が少ない
    • オールセラミックより安価である
  • デメリット
    • 調整によっては咬み合わせの歯に影響が出ることもある
    • オールセラミックよりは色が合わせにくい

e.max

審美性
★ ★ ★ ★ ★
耐久性
★ ★ ★ ★ ☆

e.maxはセラミック素材の名称のひとつです。外観の美しさや身体への馴染みの良さなどで大変高い評価を得ています。硬すぎず柔らか過ぎないことから、強く咬んでも相手の歯を痛めにくい点もメリットです。

  • メリット
    • 天然歯に近い仕上がりが可能で、変色もおこりにくい
    • 金属アレルギーのリスクを心配する必要がない
    • 非常に耐久性が高い
  • デメリット
    • まれにではあるが、割れることもある

メタルボンド

審美性
★ ★ ★ ★ ☆
耐久性
★ ★ ★ ★ ★

従来の審美治療で使用されている金属フレームの周りにセラミック(ポーセレン)を焼きつけたクラウンです。

  • メリット
    • 白く自然な見た目
    • 強度が高く奥歯にも使用できる
    • オールセラミックより安価
  • デメリット
    • 光が透過しないためオールセラミックと比較し自然度が低い

ハイブリッドセラミック前装冠

審美性
★ ★ ★ ☆ ☆
耐久性
★ ★ ★ ☆ ☆

金属フレームにレジンとセラミックの混合されたハイブリッドセラミックを覆ったクラウンです。

  • メリット
    • 金属冠と比較し見た目が良い
    • オールセラミックやメタルボンドより安価
  • デメリット
    • 審美性がやや低い
    • 時間の経過とともに変色する
    • 強度が他のセラミックと比較し劣る

写真:足利セラミックラボラトリー提供

歯科医院で行う本格ホワイトニング

人間の歯は、日常的に口にするコーヒーや紅茶、赤ワインや緑茶、タバコのヤニなどの色素に影響されてくすみが起こります。着色は少しずつ積み重なっていき、日常の歯磨きなどでは取り除けません。

しかし当院が導入する『ポリリンホワイトニング』なら、歯に負担を掛けずに白く美しい歯を取り戻すことができます。

ポリリン酸を使用したホワイトニング

当院が使用している『ポリリン酸Na』は、歯についたステイン(タバコのヤニや茶しぶ)の汚れを浮かせる効果があります。歯をキレイにするだけでなく、歯面をコーティングして汚れが付きにくくし、歯面を強くしてくれます。そのため輝くような透明感が長持ちします。(『ポリリン酸Na』はメタリンとも言われますが、安全性の高さからガムにも使用されています)

こんな方にオススメです

  • 歯の着色を落としたい!と思っている方
  • タバコのヤニが何とかならないかな、という方
  • 人目を気にすることなく会話を楽しみたい方
  • 若々しさを保ちたい、老けて見られたくない方
  • 営業や接客など、好印象を大事にする方
  • 赤ワインやコーヒーを好んで飲む方
  • 痛みを伴わないホワイトニングを希望する方

施術の流れ

ホワイトニングの流れのご紹介です。治療には45分程度のお時間を頂きます。

  • 1.シェードの確認

    まずは現状の明度を確認します。写真も撮りますので、施術後にビフォー・アフターを比較することもできます。

  • 2.歯面の清掃、歯肉の保護

    歯肉を保護して安全を確保した後、ポリリンホワイトWXを使って歯面の汚れや添加物(フッ素等)を除去します。

  • 3.専用のジェルを塗布

    ホワイトニングしやすい状態に歯面と歯肉を整えた後、専用のポリリン酸ホワイトニングジェルを塗布していきます。

  • 4.レーザー照射

    レーザーを使用し、ホワイトニングジェルを反応させていきます。3~4の工程を繰り返し行い、歯を白くします。

  • 5.ポリリンWXでコーティング

    ポリリンWXでコーティングすることで歯面にイオンでできたバリアが形成され、輝くような白さを長くキープできます

  • 6.シェードで再度比較

    最初に当てたシェードを当て、施術前の歯の色と比較します。個人差はありますが、1回の施術でも変化が見られます。

自宅で行うホームホワイトニングもあります

ご自宅で気軽に扱うことができるホームホワイトニングも取り扱っています。当院内で施術するオフィスホワイトニングと併用すれば、さらに効果を高くできます。

当院にてホワイトニングのキットをお渡しする際に、用法や注意点などもわかりやすくしっかり説明いたしますので安心してご利用いただくことが可能です。